PCX125 洗車。

HONDA PCX125
スポンサーリンク

ここのところ、PCX125の汚れが酷いと感じつつも、どうせ雨中の通勤ですぐに汚れるからと、なかなか手を出せずにいたPCX125の洗車。

週末の空き時間を見つけ、ササっと洗車した。車のように時間もかからず、あっという間に綺麗にすることができた。所要15分程度。

ホースで水をかけ、泡立てたスポンジでザッと洗い、ホースで洗い流す。絞った蔵巾で拭き上げる。正直、日々の通勤でガシガシ使うバイクだからカウルのちょっとした傷はあまり気にしない。何より遠目に綺麗にすることが狙いだ。

ただ、年に数回の洗車ではあるものの、ひとつだけ拘っていることがある。それは樹脂部分の仕上げ。どうしても経年で樹脂部分が白味かかってくる。これが見た目のヤレ感に繋がってくるので、いつもシリコンスプレーを吹きかけて艶を出すようにしている。

 

これをするだけで、見違えるように綺麗になる。2世代前のデザインだから、言い過ぎかも知れないが、まるで新車のよう。(シリコンを吹きかけた部分はツルツル滑るので、グリップやフットカバーなど乗車時に触れる部分には絶対に吹きかけないようご注意ください)

7年乗って、最近は少々くたびれたPCX125を買い換えようかとも思ったりするものの、これだけ綺麗になれば、まだまだもったいないと感じる。これからも、こまめにメンテナンスを続けて、もうしばらくは乗ろうと心を改めたのであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました