乗り比べ XSR900 vs SR400

スポンサーリンク

先日、週末にまとまった時間があったので近所の同一ルートを XSR900SR400 で乗り比べてみた。世の中に、この2台の比較を求めている人は皆無だと思うが、せっかくなので記録として残しておきたい。

 XSR900の優れているところ

  • 加速感がサイコー。排気量の違いゆえに当然のことだが加減速が思いのまま。
  • アシストスリッパークラッチの恩恵は大きい。クラッチ操作が安楽で下手なスキルを”アシスト”してくれる。一方で上達しないとも!?

高速道路やバイパスをハイペースで走るなら、迷うことなくXSR900を選ぶ。長距離ツーリングにはもってこいの選択だと思う。

 

 SR400の優れているところ

  • 足付きが良く車体も軽い。普段着でフラッと出かけたくなる身軽さ。
  • シングルの振動と排気音は趣味性が高く、低速で流しているだけで快感。

バイク保有の目的に「生活の足としての期待」を含むのであれば、日常のあらゆるシーンで幅広く活躍する素敵な相棒だと思う。

 

 比べるとどう?

あくまでも個人的な印象として、XSR900はある程度気合いを入れて遠くまで移動する時に楽に、そして気持ち良く移動できるという利点がある。一方でSR400は近所の移動も含めてラフな格好でフラッと(ダジャレではない)出かけたくなる気軽さが強みだと思う。

排気量、車重の違いからすれば当然のことだが、改めて乗り比べてみるとキャラクターの違いが鮮明に感じられる。

XSR900は最新のバイクゆえにあらゆる操作がカチカチと明確。シフトの操作感は明確で、ブレーキは効きはじめからしっかりとライダーに伝わってくる。サスペンションは固めで足回りが強靭な印象。クラッチ操作は極めて安楽。軽く、シフトショックがない。

一方でSR400は良い意味でのユルさがある。シフト操作もヌルっとしているしブレーキの効きも曖昧さがある。サスペンションはマイルドでフレームごとしなるような、「フワンフワン」とした優しさがある走り。クラッチ操作はスキルに正直で、加減速時のつなぎ方には気を使う(運転操作が上達する)。

これらの違いは「どちらが優れているか」といった観点から単純に比較すべきものではないと思う。機械として優れているのはXSR900かもしれない。ただ、SR400の操作感にはライダーの気分を楽にしてくれる魅力があるように感じる。例えば、XSR900だと「もっと速く、もっとキレ良くと目を三角にして追越車線を走らせるようなところがあるのだが、SR400だとマイペースで行こうぜ」と鼻歌交じりに走行車線をのんびり走れるようなところがある。

両方ともバイクとしての魅力に溢れており、時々、こうして比較をしてみると楽しいものだ。これほどまでに方向性の違う2台のバイクを所有できることを今更ながら幸せだと思う。

それにしても、妻は SR400 を全く磨いてないなと改めて気づいた。至るところに砂埃、軽いサビが浮いていて何だかんだくすんで見える。メッキパーツを多用した SR400 こそ「磨いてナンボ」だと思うんだけど。今度、時間を見つけて徹底的に磨いてやろう。

 

コメント

  1. munro より:

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいております。
    アメーバブログで「SR500のカスタムブログ<SPIRIT OF MUNRO> 」を開設しているものです。
    この記事を読ませていただいて、SR400のことが的確に表現されていて関心いたしました。
    もし、ご都合悪くなければ私のブログでこのブログを紹介させていただけないでしょうか?
    検討いただけるよう宜しくお願いいたします。

    • teppin より:

      こんにちは。メッセージありがとうございます。
      SRの先輩オーナーにご紹介いただけるのは大変光栄なことです。全く構いません。